ウェディングで思ったこと

| コメント(0)

  昨日、英国のロイヤルウェディングが行なわれた。テレビをつけたら、中継がやっていたので、思わず見てしまった。というのも、ダイアナ元妃の結婚式と比べてどうだろうかというミーハーな興味もあり、また、昨年からロンドンで暴動が起きているだけに、この日をねらって何かが起きないだろうかという懸念が少しあった。

 

イギリスが財政再建の為、2014年までの4年間で約10兆円の歳出削減に挑むことから、49万人にのぼる公務員の人員削減のほか、福祉支出の削減が最貧困層に及ぼす影響も懸念されている。また、大学の授業料も値上げすることから、ニュースで流れた窓ガラスを割る抗議のシーンがふと、頭をよぎった。

 

皇室への高い支持への復活を得るためもあり、今回の結婚式にかかった費用は、ダイアナ元妃の結婚式の費用の1/3に抑え、じみ婚にしたようだ。結局、厳重な警備の中、何事も無く、厳かに式とパレードは行なわれ、じみ婚と言ってもやはり華やかなロイヤルイメージで幕を閉じた。

 

今日は、MBA修士課程の在学時代の同期と後輩の結婚のお祝い会があった。このカップルも、ウイリアム王子&ケイトさんと同じように、大学内で知り合い、めでたく今年ゴールインしたカップルだ。私は、今年の4月から博士課程に進学したため、毎週土曜日に論文の指導があるのだが、その後7時から内輪でお祝いした。

 

先日、あるジュエリー会社に勤務している在学中の後輩から聞いた話しだが、震災直後ジュエリーの売上が上がったそうだ。あくまでも仮説だが、震災のため実家に一時的に帰省した時、親に結婚を催促され、背中を押されるのがきっかけだとか。。。そういえば、先日何某出版社の編集長が主催するパーティに出席した時、知り合いになったある新聞社に勤務している人も震災が結婚のきっかけになっていると言っていた。震災時一人で家にいるのがイヤでそれがきっかけになっているとか??

 

いずれにしても、少子化時代を迎えたわが国にとって、結婚は大いに喜ばしいことである。

 

コメントする

NEWS・新着情報

◆開催しましたセミナー報告
H21.3.27
東京・渋谷商工会議所で、約50名の経営者様を前に、『不況下における労務管理上の注意点』と題して、セミナーを行いました!」お陰様で好評に終わりました。
<式次第>
Ⅰ.労働条件の不利益変更~もし賃金を切り下げなくてはいけなくなったら~
Ⅱ.整理解雇の要件
Ⅲ.期間雇用者の雇い止め
Ⅳ.助成金
◆開催したセミナーご案内のチラシ

H20.12.6
大学のビジネスキャリアの授業にて講義

H20.11.26
「会社におけるメンタルヘルス」日本政策金融公庫(東京支店)にてセミナー開催しました。
その様子はこちらに掲載しております。


◆開催予定のセミナー
H21年6/4、6/9
「会社のメンタルヘルス対策」のセミナーを日本政策金融公庫新宿支店にておこないます。

◆イベント
H20.12.2 
「ゼロから会社をつくる方法」出版記念パーティ
その様子はこちらに掲載しております。


H20.12.4
新宿のブックファーストさんにて、書店イベントを開催しました。


H20.12.9
丸の内の丸善さんにて、書店イベントを開催しました。
その様子はこちらに掲載しております。

ご案内

総合労務コンサルタント
石井清香事務所

企業の活性化に大切な諸業務を多角度からバックアップします。

<主な業務>
社会保険手続・就業規則作成・給与計算業務、労務、メンタルヘルス(メンタルヘルス・公益通報者相談窓口設置)、賃金等のコンサルティング、プライバシーマーク取得代行等のコンサルティング

<お問合せ先>
◆住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル206
◆電話番号:03-3320-2870
初回の相談は無料で承ります。まずは、アポイントをどうぞ。
 時間(月~土:9:00~18:00)
※初回無料訪問相談(東京都・埼玉・千葉・神奈川限定)
◆E-mail:saya@law-isishii.com